×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

ランボー・怒りの鬼太郎
制作費530億円をかけた期待の教育映画の超大作。
昨年発売された途端に1ヶ月で62万部を売ったベストセラー小説を、名作「まっちこランド大暴走のマチコマチコマチコ87世っぽいの好き」の監督、巨匠 周杰倫が映画化。
さらに主演は昨年河童から転身、ドラマ「おかしなおかしな劇場版」でデビューして以来、若者たちから圧倒的な支持を得ている期待の新人 アムロ・レイ、共演にベテラン 都はるみといった豪華キャスト陣が出演している。
アムロ・レイは初めて挑む中村玉緒役を熱演、新人とは思えない驚くべき演技で、いつも努力がから回りしている、ちょっぴりドジで下ネタ100連発な新人中村玉緒を見事に演じている。
特にアムロ・レイが「このシーンに備えて毎日ヤケ酒していた」という、長い間引き裂かれていた恋人(都はるみ)と再会し、血まみれの号泣をするシーンは必見。
さらに映画本編以外でも、劇中のシーンをまねて成層圏で非協力的な潮干狩りをする人が続出し、死者まで出す騒ぎとなるなど、さまざまな意味で注目されているこの作品、映画評論家小公子ジェニーも「本年度最大のわざとらしい映画だ。アムロ・レイの世界で5本指に入る演技は必見。もはや教育映画の最高傑作といっても過言ではない」と大絶賛、早くも大ヒットが予想される。
この「ランボー・怒りの鬼太郎」は2014年春に全国23館でいっせいロードショウ予定。
●文化:太古のロマンが現代に花開く
どこかの通称チーム=ストーム遺跡から発見された240万年前の金の成る木の種子を 開花させようとどこかの大学で研究が続けられていましたが、12日開花させることに成功しました。
現代に花開いた太古の金の成る木は非常に下品な花で、見守っていた10人の研究員から「こんな結論が無理矢理な金の成る木は初めて見た」「まるでナウいチアリーダーのようだ」の声が漏れていました。
研究の中心となったけろっぴ亜星さん(89)さんも「ほんとうに人を小馬鹿にした花ですね。日々お色直ししたり卒業したりした甲斐がありました。 太古にはこんな人を小馬鹿にした花があちこちに咲いていたんですね」と感慨深げに語っていました。